すずき歯科医院

詰め物・被せ物がとれた【審美歯科】

詰め物・被せ物が取れてしまったら早めの処置を~審美歯科~

詰め物・被せ物が取れてしまった方はお早めにご相談ください

詰め物・被せ物が取れてしまった方はお早めにご相談ください

通常、歯を削る治療をしたあとには、歯を補うために詰め物・被せ物を装着します。外れてしまった歯をそのままにしておいても、いいことは何ひとつなく、さらなるお口の状況悪化を招くこともあります。詰め物・被せ物が取れてしまったらできるだけ早めに歯科医院で修復しましょう。

詰め物・被せ物がとれる理由と放っておくと起こる問題

熱いものや冷たいものに触れたり、固いものを噛んだりと、過酷な環境に置かれた歯科素材は劣化してしまうことがあります。天然歯との接着が悪くなって、食事中に外れてしまうことも少なくありません。また、天然歯と人口歯の間のわずかな隙間にプラーク(歯垢)が付着し、虫歯が再発してしまうことも(二次カリエス)。そうなると、見た目よりも深く虫歯が進行していたり、大がかりな治療が必要になったりします。いずれにせよ早く歯科医院を受診することが大切です。

詰め物・被せ物の種類

詰め物・被せ物の種類

富士見市ふじみ野の歯医者「すずき歯科医院」では、保険診療で取り扱われる歯科用プラスチックやいわゆる銀歯と呼ばれる素材以外にも、数多くの審美歯科素材をご用意しており、お口の状況にあった素材のご提案も可能です。詰め物・被せ物が外れたというだけでなく、虫歯治療時に、見た目に自然で美しい素材や金属アレルギーの心配のない素材をお選びいただけます。興味のある素材がございましたら、お気軽にお声がけください。

ジルコニア

ジルコニア

強度に優れたジルコニアのフレームに陶材(セラミック)を焼き付けた、白く美しい被せ物です。ジルコニアを取り付ける際の接着剤の進歩によって、治療した歯の虫歯の再発を防ぐ効果も期待できます。

メタルボンド

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けた被せ物です。歯科用プラスチック(レジン)と比較すると、色素沈着や変色はほとんどありません。金属の強度とセラミックの美しさを兼ね備えた素材だといえます。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、強度のありすぎるセラミックに歯科用プラスチック(レジン)を練り混ぜた素材です。硬すぎず、粘り気があるため噛み合う歯を傷つけることがありません。

審美歯科素材に関するご相談はこちらから 電話 049-262-0181

すずき歯科医院通りチラシ

医院情報

住所
〒354-0036
埼玉県富士見市ふじみ野東4-16-7
TEL
049-262-0181

診療時間

当院の特徴

地図アプリ

スタッフ募集

歯科タウン