すずき歯科医院

歯を失ってしまった【入れ歯・ブリッジ】

歯を失ってしまったらお早めにご相談ください

歯を失ってしまったらお早めにご相談ください

事故やケガ、虫歯歯周病といった病気で歯を失ってしまうことがあります。失ってすぐは、ご自分でも違和感を覚えるのですが、だんだんとその状況に慣れ、治療をせず放置してしまうことがあります。しかし、そうやって放置してしまうことは、お口の健康状態にとって、非常に大きな問題を抱えることになります。

【歯を失った場所をそのままにしておくリスク】

【歯を失った場所をそのままにしておくリスク】

歯を失った場所にはぽっかりとスペースができます。放置してしまうことは、次のような変化を招き、お口にとって大きなリスク要因となります。

  • 歯がないスペースに、隣り合う歯が倒れこんでくる
  • 噛み合っていた歯を失うことで、相手の歯が伸びてくる
  • 歯列が乱れて、入れ歯の入るスペースがなくなる

なかでも最大のリスクになるのが、歯列や噛み合わせの乱れです。一度悪くなってしまうと、なかなか修正できないため、歯を失ったら早めに治療を受けましょう。

富士見市ふじみ野の歯医者「すずき歯科医院」では、歯を失った時の補綴(ほてつ)治療として、入れ歯もしくはブリッジのいずれかをご提案しています。歯を失ってしまったその時だけでなく、以前使っていた入れ歯が合わなくてお困りの方の調整・修理も承ります。歯を失ってお困りでしたら、どうぞお早めにご相談ください。

入れ歯について

入れ歯について

入れ歯には、すべての歯を補う総入れ歯と、1本から複数本の歯を補う部分入れ歯があります。いずれも取り外し可能で、歯型を取って入れ歯を作り、調整を重ねるという手順で作製されます。

総入れ歯 部分入れ歯

総入れ歯

歯ぐきに吸着させて使用します。従来の入れ歯では、しっかり噛めない、外れやすい、違和感があるといった欠点がありましたが、現在では、こういったお悩みを解消した入れ歯も登場しています。

部分入れ歯

周囲の残った歯に金属のバネを引っかけて使う入れ歯です。バネを支える歯への負担が大きいため、メンテナンスや定期検診を通じて調整やケアを続けることをおすすめします。

入れ歯を保険で作る場合と自費で作る場合の違い

入れ歯は、保険適用で安価に作ることができる一方、自費でこだわりの入れ歯を作ることもできます。どういった入れ歯がご自身にぴったりか、それぞれの特徴を知って、入れ歯選びにお役立てください。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
費用 一部負担(安価) 全額自己負担(高額)
素材 歯科用プラスチック(レジン)のみ 自由に選択可能
タイプ 制限がある 自由に選べる
製作期間 短い(早くて1ヶ月) 長い
見た目 見た目に入れ歯とわかる 自然な仕上がり
使い心地 しっかり噛めない
慣れるまで違和感がある
自分の希望する使い心地を
追求することができる

自費入れ歯の種類

金属床

金属床

金属床は文字通り、顎の粘膜に当たる部分=床(しょう)に金属を使用した入れ歯です。保険適用よりも、薄く軽く、熱伝導性の高い入れ歯に仕上がります。耐久性が高く使い心地もいいものができますが、修理が難しいことが難点です。

バルプラストデンチャー

バルプラストデンチャー

ノンクラスプデンチャー(金属バネを使わない部分入れ歯)の一種です。素材にスーパーポリアミドという樹脂を使用し、ノンクラスプデンチャーの中でも、もっとも柔らかく弾性のある入れ歯です。素材の性質から市販の洗浄剤が使用できず、専用のものを使う必要があります。こちらも使い心地が良い反面、修理が難しいというデメリットがあります。

エステティックデンチャー

エステティックデンチャー

ポリエステルを使用したノンクラスプデンチャーです。お口にフィットする適合性度がとても高く、弾力性にも優れています。汚れがつきにくい材質で、見た目の美しさ、自然さが持続します。修理は比較的楽にできることから、長く使用することができます。

保険入れ歯について

レジン床義歯

レジン床義歯

保険で作れる義歯は、素材が歯科用プラスチック(レジン)に限定されています。レジン製の床を土台に歯を並べて作られます。部分入れ歯では、金属バネで固定されるタイプしか選べません。また、総入れ歯の場合は、素材の特性からどうしても床に厚みが出て慣れるまで違和感があります。短期間で安価に作れるというメリットがあります。

入れ歯との付き合い方

手入れの仕方

一見固そうに見えるプラスチックの入れ歯も、表面はとてもデリケートで、通常の歯みがき剤などを使用すると、傷がついてしまいます。入れ歯に傷ができると、食べカスやプラークがつまり、細菌の温床となってしまうことも……。お手入れは歯ブラシの毛先だけで、丁寧にやさしく汚れを落とすようにしましょう。

当院で作製する入れ歯

当院で作製する入れ歯

当院で入れ歯をお作りする場合は、保険の場合も自費の場合も、患者様のご要望をしっかり反映させて、一人ひとりにあったタイプのご提案をいたします。ご本人が納得できるまで、きめ細やかな調整を行いますので、気になることがございましたら、遠慮なくお申し出ください。

入れ歯の検診

入れ歯の検診

入れ歯を作ったら、その後はメンテナンスや調整のために定期的に検診を受ける必要があります。入れ歯を使っていると、噛む刺激が伝わらないために、顎の骨が痩せてくるからです。また、噛み合わせの微妙な変化によって、調整をしないとお口に合わないようになります。入れ歯がズレて痛い、外れやすい、使い心地が悪いというお悩みを未然に防ぐために、定期検診を受診するようにしましょう。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯に橋をかけるように装着する人工歯
ブリッジ 人工歯を作り装着しますが、取り外しはできません。入れ歯よりもしっかり噛めることが大きなメリット。デメリットとしては健康な両隣の歯を大きく削るため、土台とする歯の寿命を縮めてしまいます。
ブリッジの種類

ブリッジも保険診療、自費診療のいずれかをお選びいただけます。保険適用のブリッジは金属製のものに限定されますが、自費で作るブリッジなら審美性の高い素材を使用し、見た目にも美しいものに仕上がります。

入れ歯・ブリッジのよくある質問にお答えします

入れ歯洗浄剤を使えば、入れ歯のブラッシング洗浄は不要ですか?
いいえ、入れ歯洗浄剤はブラッシングと併用してください。洗浄剤で浮き上がらせた汚れをブラッシングで落とすようにしましょう。
市販の歯みがき粉を入れ歯に使ってはいけないのはどうしてですか?
一般に販売されている歯みがき剤には研磨剤が含まれています。入れ歯に傷がついたり磨り減ったりすることがあるため、使用しないでください。当院では、入れ歯用の歯みがき剤も取り扱っているので、お気軽にご相談ください。
普通は入れ歯安定剤でくっつけて使うのですか?
いいえ、入れ歯安定剤は本来必要ないものです。一時的な対処法としての使用なら問題はありませんが、長期間の使用で噛み合わせに影響を及ぼしたり、顎の骨が痩せるのが早くなったりしてしまいます。安定剤を使わないと使い心地が悪いという入れ歯は、お口に合っていないことが考えられます。調整などが必要ですから、まずはお気軽に当院へご相談ください。
部分入れ歯用と総入れ歯用の入れ歯洗浄剤の違いは?
保険適用の入れ歯の場合、総入れ歯は歯科用プラスチック(レジン)のみであるのに対して、部分入れ歯には歯科用プラスチック(レジン)とバネ部分の金属が使用されています。そのため、入れ歯洗浄剤の成分が異なるのです。お使いの入れ歯にあった入れ歯洗浄剤をご利用ください。
入れ歯がズレて痛い。慣れるまでガマンした方がいいですか?
入れ歯を使っていて、外れやすかったり痛みが生じたりするようなら、お口に合っていない証拠です。そのまま使い続けると、粘膜や残った歯を傷つける心配がありますので、早めに当院にご相談ください。
入れ歯のバネがゆるんできました。自分で工具を使って調整してもいいでしょうか?
入れ歯は精密な作りになっており、ご自身で調整されると、他の残っている歯に悪影響を及ぼすことが考えられます。無理に触ると取り返しがつかなくなることもあります。調整は歯科医師・歯科技工士におまかせください。

すずき歯科医院通りチラシ

医院情報

住所
〒354-0036
埼玉県富士見市ふじみ野東4-16-7
TEL
049-262-0181

診療時間

当院の特徴

地図アプリ

スタッフ募集

歯科タウン