すずき歯科医院

お母さんの虫歯がうつるって本当?

虫歯は家庭内感染が多い病気だということ、ご存知でしたか?

虫歯は家庭内感染が多い病気だということ、ご存知でしたか?

埼玉県富士見市ふじみ野の歯医者「すずき歯科医院」では、ご家族からお子様へ虫歯感染を防ぐためのアドバイスもしています。家庭内感染について気をつけたいけれど、どういったことに注意すればいいのかわからないという方、ぜひ一度当院へご相談ください。お子さんをお持ちの方だけでなく、マタニティ期のお母さんへの治療や予防処置、レクチャーも行っています。

虫歯菌に感染するのはどんなとき?

虫歯菌に感染するのはどんなとき?

誰もがかかっている可能性がある虫歯は、実は虫歯菌によるお口の感染症で、主な感染ルートは家庭内だといわれています。生まれたての赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌が存在しません。日々の生活の中で、いつの間にか虫歯菌に感染しているのです。

子供の歯には虫歯になりやすい時期があります

子供の歯には虫歯になりやすい時期があります

歯には虫歯になりやすい時期があります。それは、乳歯や永久歯が生えたての時期です。生え始めの歯は、大人の歯よりも歯質が薄くやわらかい状態にあります。唾液に含まれるカルシウムやリン・フッ素といったミネラル分が歯質(歯の表面のエナメル質)に吸収されることで、次第に硬くなっていくのです。生えたての歯質は、虫歯に対して無防備な状態だといってもいいでしょう。

【子供の虫歯を防ぐメリット】

お子様の歯を虫歯から守ることで得られるメリットはたくさんあります。

  • 乳歯に虫歯がないと、永久歯が虫歯になる確率が10分の1になる
  • 乳歯の虫歯が防げれば、歯並びの乱れも予防しやすくなる
  • 「規則正しい食生活」など虫歯予防の習慣を通じて、心身の健全な発育・成長が促せる
  • 虫歯予防に対する知識や習慣が身につくことで、虫歯だけでなく歯周病予防にもつながる
  • 口腔内環境のよい状態を知識だけでなく感覚として知っていると、ケアもしっかりできるようになり、生涯に渡って健康な歯を維持しやすくなる

母子感染を防ぐために

母子感染を防ぐために

お母さんやお父さん、お世話をする周囲の家族が口にしたお箸やスプーンなどを使って、赤ちゃんに食べ物をあげると、唾液に含まれる虫歯菌まであげてしまうことになります。できれば、赤ちゃん専用の食器を用意してあげたいものですね。
また、赤ちゃんが口にしやすいタオルやガーゼなども専用のものがいいでしょう。とはいえ、完全に感染を防ぐことは困難。他の対処としては、ご家族みんなのお口の中から虫歯菌を減らしておく予防処置を受けておくというのもひとつの方法です。

富士見市ふじみ野の歯医者「すずき歯科医院」では、子供の予防歯科メニューだけでなく、口腔内から病原菌を減らすのに効果的な大人の予防歯科メニューを豊富に取り揃えています。虫歯治療を受けたことがある方で、赤ちゃんのお世話をする予定があるなら、ぜひ予防歯科で口腔内環境を整えておくことをおすすめします。

親御さんから寄せられる子供の歯の疑問にお答えしています 小児歯科のQ&A

すずき歯科医院通りチラシ

医院情報

住所
〒354-0036
埼玉県富士見市ふじみ野東4-16-7
TEL
049-262-0181

診療時間

当院の特徴

地図アプリ

スタッフ募集

歯科タウン