すずき歯科医院

歯医者で受ける予防歯科・自宅でできる予防ケア

お口の健康には予防ケアが欠かせません

お口の健康には予防ケアが欠かせません

お口のケアには、歯科医院で専門家の手によるプロケアと、ご自宅で自ら行うホームケア(セルフケア)があります。どちらか一方だけで歯の健康を維持するのは難しいので、両方を上手に活用してお子様を虫歯知らずのお口にしてあげましょう。また、富士見市ふじみ野の歯医者「すずき歯科医院」では、これから赤ちゃんを迎えるお母さんのお口のケアをサポートするマタニティ歯科にも対応しています。

自分だけでカバーできない部分は歯医者さんにおまかせ!

どんなに上手に歯みがきできている人でも、みがき残しはあるものです。また、親御さんの仕上げみがきも、毎日のこととなるとどうしても見落としがあります。そういった部分をサポートするのが、当院の小児歯科メニューです。

当院の小児歯科の特徴

小さなお子様は、大人が思いもよらないことを不安に感じたり怖がったりするものです。当院では、お子様が歯医者嫌いにならないよう、さまざまな工夫を行っています。第一にお子様と信頼関係を築くことを重視し、歯みがき指導や歯のクリーニング(痛みはありません)を通して歯科医院の雰囲気に慣れてもらい、少しずつ治療が受けられるようアプローチします。

虫歯にならないために当院で行っていること~小児歯科メニュー~

虫歯にならないために当院で行っていること~小児歯科メニュー~

歯の生え方には個人差があるばかりか、年齢によってもケアのポイントが異なります。当院は、お子様のお口の状況から判断してベストな歯みがき方法を指導します。歯ブラシの選び方からみがき残しのない歯みがき方法まで、効果的な歯みがきを身につけられるようお手伝いします。また、親御さんの仕上げみがきのコツもアドバイスいたします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には再石灰化を促す効果があり、歯質を強化します。そのため、歯の表面が少し溶かされたごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布によって治癒が見込めるケースもあります。フッ素は生え始めの乳歯や永久歯を強くするのに最適な予防処置。定期的な塗布でより高い効果が見込めます。

予防のプロの定期的なチェックを受けましょう

予防のプロの定期的なチェックを受けましょう

当院では、お子様だけでなく、すべての年代の方に定期検診を受けられるようおすすめしています。虫歯や歯周病、噛み合わせ等、お口のトラブルのチェックで、お口の病気に初期段階から適切に対処できます。また、お口のチェックと予防処置だけでなく、歯を強くする生活習慣につながる食育のアドバイスもいたします。歯医者にネガティブなイメージを抱く前に、痛みのまったくない検診で歯科医院の雰囲気に慣れられるといいですね。

子供の歯のことでお悩みの親御さんへ小児歯科のQ&A

お子様の将来の歯を守るホームケア

虫歯を予防するためには年に数回の歯科医院で受けるプロケアだけでは不十分。毎日行うホームケアなくして、お口の健康維持はありえません。また、子供が自分でしっかりケアできるようになるまで、親御さんの適切なホームケアが不可欠です。

おうちでのケアをもっと楽しく!

おうちでのケアをもっと楽しく!

おうちでのケアの要はなんといっても歯みがき。親御さんの仕上げみがきは、自分できちんと歯みがきができるようになる10歳くらいまで欠かせません。お口をさっぱりさせることを毎日の習慣として身に付けるためにも、楽しいケアにしたいものですね。

仕上げみがきのポイント

親御さんの仕上げみがきは、毎日の歯みがきの総仕上げであると同時に、お子様との大切なスキンシップの時間にもなります。

体勢

親御さんの膝にお子様の頭を乗せて、お口の中を上からのぞき込むようにしてしっかり仕上げみがきしてあげましょう。両足でお子様の頭をかるく固定すると、みがきやすくなります。

歯ブラシの持ち方

歯ブラシの正しい持ち方は、鉛筆を持つ形です。力が入りすぎず、細かく動かすことができるので理想的。歯みがきは力を入れるのではなく、やさしく汚れをかき出すことに気をつけてください。あまり強くみがくと、お子様も痛がり、歯みがきを嫌がるようになります。

動かし方

歯ブラシは、大きく動かすのではなく、横に細かく動かします。一本の歯につき10回以上の往復を目安にみがきましょう。また、歯の表面だけでなく歯と歯の間、歯と歯ぐきの間や奥歯の噛み合う面などはみがき残しが生じやすいので、しっかり丁寧に磨いてあげましょう。

仕上げみがきに使いたいケアグッズ

歯ブラシ

歯ブラシ

歯ブラシは、ブラシの毛が多くやわらかいタイプがおすすめです。負担がかからない程度に、歯と歯ぐきをやさしくみがけるものを選びましょう。寝る前には、糸ようじで歯と歯の間の食べかすをとってあげましょう。

フッ素ジェル

フッ素ジェル

ご家庭で使用できるフッ素ジェルには、たくさんの種類が登場しており、子供の味覚にあったフレーバーも豊富。当院では8種類の味のフッ素ジェルをご用意しています。お子様の気分で選んでもらうなど、歯みがきの時間を楽しくする工夫にお役立てください。

これからママになる妊婦さんの歯科治療

埼玉県富士見市の歯医者「すずき歯科医院」では、妊娠中のお口のケアや治療にも対応しています。ご予約・ご来院時に妊娠中であることをお伝えいただければ、適切な配慮による安全・安心な診療をお届けします。

妊娠中のケアについて

妊娠中のケアについて

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、身体だけでなく口腔内環境にも変化が起こります。また、つわりでそれまでのようにケアができなくなることも。さらに免疫力が低下する妊娠中は歯周病になりやすく、歯周病が早産や低体重児出産を引き起こすこともわかってきています。そうなるとお母さんのお口の中だけの問題ではありません。赤ちゃんの健康のためにも、できるかぎりのケアをしましょう。

妊娠中の治療について

妊娠中の治療について

妊娠中の歯科治療に適した時期は、妊娠中期(安定期)となります。ただし、妊婦さんの体調にもよりますので、歯科受診の際は主治医に相談してからお越しください。麻酔やレントゲン撮影などはできるだけ避けたいところですが、緊急時には産婦人科の許可があればどちらも行うことができます。

小児歯科のQ&A

乳幼児のお口のケアはどんなことから始めればいいですか?
歯が生え始めたら、お口のケアをスタートしてあげましょう。はじめのうちは、ぬるま湯に浸したガーゼなどで、歯やお口の中に残った汚れをやさしく拭きとってあげましょう。
小さな子供の受診は何歳くらいから大丈夫ですか?
歯が生え始めたら、一度お口の中を見せにきてください。治療ではなく予防処置を行います。虫歯がない時期から、歯科医院の雰囲気に慣れることを重視しましょう。
フッ素にはどんな効果がありますか?
フッ素は歯質の再石灰化を促し、歯の補修を助けたり、虫歯菌の活動を抑える効果が期待できます。ただし、あくまで、お口のケアの基本は歯みがきです。補助として効果的に取り入れてください。
フッ素塗布は毎日したほうがいいですか?
毎日塗布すると効果的ですが、それだけでなくシュガーコントロール(甘いものを控える)やダラダラ食べをしないことも大切です。ぜひ意識してみてください。
仕上げみがきは何歳まで続ける必要がありますか?
個人差はありますが、だいたい10歳くらいまでは仕上げみがき、仕上げチェックをしてあげてください。特に歯の生え替わり時期は、歯並びも複雑になり、自分できちんとみがけていないことが多いのでしっかり確認してあげましょう。
子供が歯みがきを嫌がって困っています。
歯みがきは何より習慣化することが肝心。歯みがきが楽しいと思えるよう、歌を歌いながらの楽しいスキンシップや、子供向けの歯みがき剤の味のバリエーションを揃えるなど工夫してあげましょう。
子供にも糸ようじ(フロス)は必要?
歯ブラシだけで、歯と歯の間の汚れを落とすのには限界があります。歯ブラシと合わせて、子供用フロスを活用してください。使い方についてわからないことがありましたら、当院でお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。
現在妊娠中ですが、虫歯があるようです。治療可能な時期は?
妊娠初期(1~4ヶ月)と臨月(8ヶ月以上)は急を要する症状がないかぎり治療は控えたほうがよいでしょう。妊娠中の治療は安定期(5~7ヶ月)が最適です。ただし、治療期間が長引くこともありますので、計画的に治療が進められるようお早めにご相談ください。
妊娠中に麻酔をしても大丈夫なのですか?
これは、医師によって意見が分かれるところですが、基本的に歯科診療で使われる麻酔は、全身麻酔ではなく局所麻酔のため、胎児への影響は少ないと考えられています。ただし、不安なら妊娠の可能性がある場合は控えたほうがよいでしょう。
歯科レントゲンの胎児への影響は?
歯科でのレントゲン撮影は、性腺や子宮から離れた部分を局所的に行い、また、撮影時には必ず防護エプロンを着用していただきます。そのため、ほとんど影響はないと考えています。当院では、従来のフィルムレントゲンと比較して撮影時の被曝量を10分の1に抑えたデジタルレントゲンを採用しています。ただし、妊娠初期はまったく影響がないとはいえないため、撮影は控えたほうがよいと考えられます。

小児歯科・マタニティ歯科のご相談・ご予約はこちらから 電話 049-262-0181

すずき歯科医院通りチラシ

医院情報

住所
〒354-0036
埼玉県富士見市ふじみ野東4-16-7
TEL
049-262-0181

診療時間

当院の特徴

地図アプリ

スタッフ募集

歯科タウン